たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

人生とは質の問題であって量の問題ではないのだ、友よ。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2011年12月31日

53座右め

実に久しぶりな更新であり
年の瀬でもあります

本日で激動の2011年も終わり、明日から新たな年となります。

終わりとは、全ての始まりでもあります。

終わるべきときに終わらなければ、新しいことが順序良く始まりません。



2011年最期の座右の銘はそんなことを考慮したりしなかったりする形で締めくくります。


冬来たりなば春遠からじ

西欧の故事。日本や他国にも同じような言葉があると思いますが、ワタクシめが引用している本では西欧のことわざとなっておりますので、そのままご紹介いたします。

本によれば、この言葉はイギリスのロマン派の詩人「シェリー」(1792-1822)の「西風に寄せる歌」という長詩の最期の文句だそうです。

努力とか成功とか、いかつい言葉を使わずに、苦しいときがすぎれば。かならず成功がその先にある。だからくじけずに、もう少し辛抱しよう。と巧みにそして詩的に表現しているのが印象的だ、と言うことです。

原文
 If winter comes, can spring be far behind?


四季のうちで最も陰鬱で暗い。人間の心を閉ざせるのは冬で間違いないかと。
だが、自然は実に巧みま季節配置をしている。
冬に続くのは、四季の中でもっとも「楽しく、明るい」「春」なのであるのだから。(花粉症はこまるが)

日本には「大凶は吉に通じ、大吉は凶に通ずる」。こんなことばもあります。


いまは暗くて不幸と感じていても、その先には明るい幸福が待っているということだろう。



朝の来ない夜はない、なども類義語になるのかと思います。
色々なことが起きた一年でしたが、「足るを知る」ことが出来たということでは実に「実りある」一年だったのだろうかと個人的に思うことも出来ます。



女々しいことではありますが、「足るを知った気になっていた」と言うことに気づけたことがこの一年で最大の収穫だったんではないかと、2011年を振り返っておるところです。


泣いても笑っても1年は1年。
泣き顔も良いけど出来ることなら笑って2012年を過ごせるように心がけてまいりましょう。

では、みなさま良いお年を!

  


  • Posted by メタルゴ at 23:05Comments(0)ことわざ

    2011年12月22日

    52座右め

    ちょいっと休んでおりました。

    もうすぐクリスマスですからね。あんまりいい思い出が見当たらないクリスマスですが、世の中的にはどうなんでしょうか?
    先日テレビ観てたら、甘党男子がスイーツをただ食べる集まりとかがクリスマスのあるとかないとか。

    甘いもの嫌いじゃないのですが、最近は一切食べないようにしていますね。
    理由は特にないのですが、駄菓子とかインスタントものとかは栄養が偏ってたりもしくは全く無かったりするので、ここ何年とかのレベルで食べてないのですよね。ま、コンビニの弁当が当てはまったらアウトですが。
    まぁ、チャンピオンの誰かが言っていました「毒にも薬にもならぬ駄菓子のごとき云々・・・」と。
    実際そうだよなあと思うし、それ以上に自己流の健康法として
    「体に良いもの」を進んで摂るよりも「体に悪いもの」を出来る限り排除する方が、健康に近づけるのではと思うのです。

    まぁ、今回の座右が先ほど話した言葉に関連しているかと言われると、全く引っかかりませんけどね。
    取り合えずいきますか。


    第52座右

    ことのはじめにあたって、結果がどうなるかをつねに考えよ


    ウインバー




    先日お伝えした言葉とは見方が違いますね。

    着地ばかり考えるな、と言われておったのですが
    今回は真逆。着地を考えて物事を進めろと言われているわけです。

    これ、どちらも正解ですよね?

    ようするに、結果を考えてから行動することも、結果を考えずにいける所まで全力でいくというのも、周囲にしてみれば似たり寄ったりである。
    一つだけ言えるのは、自分に帰ってくるのではなくその影響が周囲に何かを起こすのならば、良い結果が及ぼされるような「行動」を結果を考えながら行うことですね。



    ついつい、自分本位に考えてしまいますけど、出来るだけ周囲に好影響が出る選択肢を選んで進みたいと思います。







    あと少しでクリスマスか。

    別に独りでも問題ないけど、思いがけず願いが叶ったりしないかなぁ。














    時間が2年前に戻れば良いのにと思ったりするときも、1年に1日くらいありますよ。

      


  • Posted by メタルゴ at 23:20Comments(0)ことわざ

    2011年12月18日

    51座右め

    いい感じで師走が過ぎ去っていきますが、世間の皆様は年の瀬を楽しんでいるのでしょうか?
    勿論楽しんでいないメタルゴでございます。


    あぁ、仕事自体は楽しんでいますよ。部分部分をね。嫌な部分はどうしてもあるよ、仕事だもの。

    ってことで本日は51座右めです。
    51っていったらイチローですよ。

    ってことでイチローにまつわる言葉にしたいところですが、良く知らないので普通に選びます。


    つねに行為の動機のみを重んじて、帰着する結果を思うな。
    報酬への期待を行為のバネとする人々の一人になるな。


    ベートーヴェン


    とらぬ狸の皮算用するなってことですかねぇ。

    まぁ、今自分がしていることの着地のことばかり考えていたら、その行動はきっとつまらないものになるし、当然つまらない結果になるんだろうと思う。

    何事も頭が良いのが、良い結果とは限りませんよね。
    馬鹿のやることでも、「誰よりも徹底する」ってだけでその行為はワンランクもそれ以上にもなるんじゃないのかなぁ。


    自分のしたことでどのような評価を受けようとも、最も大事なのは自分の心が満足できたかどうかのほうが大事なんではないでしょうか。



    周囲の評価を気にして、周囲に好かれるように振舞うだけでは真の満足は得られないと思います。
    とはいえ、集団生活が出来なさ過ぎるのもどうかと思う、メタルゴでありました。

    ほっといてくれと思う時間が多いんだよな、俺は。




      


  • Posted by メタルゴ at 23:43Comments(0)ことわざ

    2011年12月17日

    50座右め

    区切りの50座右め、まいろうか。


    あるのは目標だけだ。道はない。
    われわれが道とよんでいるのものは、
    ためらいにほかならない。



    カフカ




    区切りの回でしたので、参考文献のページを飛ばしてご紹介しました。

    ちなみにカフカとは、フランツ・カフカという現在のチェコ(出身地)出身のドイツ語作家と言うことらしい。
    ワタクシめも良く知りませんで、ネットで調べた次第であります。wikipediaさまさまですな。



    でもまぁ、今回の言葉もあれですね。言いたいことがストレートに伝わってくる感じがするんですよね。

    誰しも目標を立てることはやったことがあるはずです。

    でも、立てた目標を最期までやりきったことは100%ではないんじゃないかな?


    あれやろう、これやろうと目標立てることは良くするんですけどね、最期まで長続きすることは少ないですよね。
    ワタクシめだけでしょうか?そうですか?




    艱難辛苦とは災厄ではなく、自分を鍛える試練や修行だと思えば辛い事も喜ばしい。

    意地悪されたら「ありがたい」と思うべし。

    結果的に自分が成長できるのだから。


    って偉そうに言ってるけど、
    自分もちゃんとしなくちゃイカンな。

    反省





      


  • Posted by メタルゴ at 23:48Comments(0)ことわざ

    2011年12月16日

    49座右め

    49座右めということは、次は50座右めと言うことになります。

    しってますか、そうですか。


    まぁ、49と言う数字を見ると何だか縁起わりいなと感じるあなた。日本人ですね。
    その昔、「とどろけ一番!」という名作漫画の受験番号で取り上げられた数字です。そのときは、たしか「僕は49番。死ぬまで苦しむ。縁起わりい」とかなんとか言ってたような記憶があります。
    (違ったら申し訳ない)
    ちなみに。「とどろけ一番」とはコロコロコミックという実際コロコロしていた低学年向け漫画雑誌に連載されていた、時代を先取りするかのような「受験漫画」です。
    詳しいことは、Wikipediaとかで調べてくれると助かります。

    ちなみにメタルゴはコレが流行ったときすでに低年齢ではありませんでした。なのでなぜ覚えてるのか不明です。「ゲームセンターあらし」とか「釣りバカ大将」とか「あばれはやぶさ」とか全然分かりません。



    そうとう話がそれましたけど、とりあえず今回はコレをチョイス。
    49座右めね。


    他人をあてにしてはならない。
    ・・・・・我々はみんな取るために生きているので、あたえるために生きているのではない。


    ゴーリキー
    (ロシアの作家<ペンネーム>でありポケモンのゴーリキーとはなんの関係もありません)



    そうなんですよ。人間の本質は消費であり生産ではないのです。
    でも、だからこそ生産=与える事に憧れる。与えることのほうがカッコイイと思う。

    取るはる、そしてるとかるとかるになるのかなあと。
    とりあえず、間違ってもるにはならないでほしいが、なってみないと分からないですね、コレばかりは。


    とる人生から与える人生へ。
    それが出来る、もしくはするという信頼をいただけたとき、人生が独りではなくなるのかなと思ったりしています。


    与える人生に切り替わるチャンスもあった気がしますが、どこかで間違えてしまったようです。


    次があるのなら間違えないようにしないと・・・。


      


  • Posted by メタルゴ at 23:24Comments(0)ことわざ

    2011年12月15日

    48座右め

    今日はそんなに寒くなかったですね。
    寒がりのワタクシめには大変ありがたい一日でしたよ。
    そんな今日の言葉はこれ。

    汝の道を歩め、人々をしてその言うにまかせよ。

    ダンテ

    ちょっと難しい感じかもしれませんが、きっとこんな感じだろうと思います。

    「周りには言いたいように言わせておきなさい。そして、お前は自分の信じた道を歩きなさい。」
    所詮、自分の人生は自分しか歩けないものだ。

    他人に進められた道がどんなに無難な道・安全な道だったとしても、多少危険が伴っても自分で考えて自分で選んだ道を、自分の責任で進んでいくのが大切なんだと思う。
    周りの目を気にして、周りに合わせて過ごしてきた時間は、本当に薄っぺらい何の色づけもされていない過去の思い出です。
    結果的に自分の思うような色でなかったとしても、自分で選んで自分で歩くことが大切です。
    自信というのは、最初からあるものではなく積み重ねられていくものです。
    何通りも失敗すればいつかは成功に辿り着きます。

    そんなもんです。



    ダンテと言うと、デビルメイクライの主人公を連想するんですけど、この言はイタリアの詩人である
    ダンテ・アリギエーリの言葉。


    それにしても、いい言葉と言うのは、時代が過ぎても腐ったり錆びついたりしないものですね。












      


  • Posted by メタルゴ at 23:14Comments(0)ことわざ

    2011年12月15日

    47座右め

    今日も寒かったですねぇ。

    そとは寒くても、志は熱く!
    ってことで、本日はこんな一言をご紹介。

    世界を動かさんと欲する者は、まず自ら動くべし。


    ソクラテス



    どんなことも、0×100じゃ0のままなんだよね。

    世界を自分の周りと置き換えるとかわりやすいかも知れません。

    自分が一人前じゃないのは社会とか環境が悪いからだと、他人や環境のせいにするやつだとか、自分の病気を他人とか周囲のせいにする奴は今日の言葉を良く考えてほしいね。

    自分の力が足りないのは自分のせいだし、自分が不当なめに遭っているのは過去の自分に原因があるのだと早く気づけ。
    不満を言っても環境は変わらない。環境を変えたければまず自分が変われと、ソクラテスさんは言っておるわけですな。

    とはいえ、人間は変われることもあるし、変われないこともあるでしょう。
    一つだけいえることは、変われる変われないは「ほんのチョッと」の差なんではないかと思う。

    以前ご紹介した「たった5分長続きする勇気」
    これを達成できるか出来ないかの違いが、気持ちの上での大きな違いになるんじゃないのだろうか。


    ほんのちょっとなんだ。

    ほんのちょっと他人より頑張れば、きっと誰しも幸せになるチャンスが手に入るんだ。

    きっと。









      


  • Posted by メタルゴ at 00:08Comments(0)ことわざ

    2011年12月13日

    46座右め

     
     黙っていても時間は過ぎる。
    あっという間に12月も半ばに差し掛かりましたね。
    毎日毎日、鉄板の上で焼かれているようなメタルゴでございます。
    店のおじさんはホントに嫌なやつですね。
    (たい焼き屋の話ですよ。)

     わたくしめはあいもかわらず平凡な毎日を送っています。
    ま、平凡こそ幸せの象徴だったりすると思ったりもしますが、評価する人によっては「毎日進化していかないと駄目だ」とか思うかもしれません。進化が必ずしも最適な行動とは限りませんけどね。

     進化とか進歩とか、もしそれが技術的なことであったり、物質的な豊かさのみを追い求める行為であったなら、ゼータガンダムではないですけど、地球を人間(一部の)が食い物にしていると映っても仕方ないのかもとか思ってみたり。
     だからと言って、自分はその技術的な豊かさの恩恵にあずかっていないのかと言われると、残念ながら家はあるし暖かい部屋でブログを更新したり、暖かい布団で眠りにつけたり、毎日ご飯を食べれたり・・・。
    もっとも幸福なことは、毎日働くことが出来る健康な体とそれを動かせる会社(仕事)があると言うことでしょうか。
     
     今日の言葉からいったいどんな事を汲み取れるのか、自問自答したいと思います。

     
    充実した一日がしあわせな眠りをもたらすように、
    充実した一生は幸福な死をもたらす。


    レオナルド・ダ・ヴィンチ


     人生は長さを競うものではなく、深さが大切である。別の言い方をすれば、量ではなく質の問題なのだと多くの人が言葉として残しています。人生の終わりはいつ訪れるのか、それは誰にもわかりません。

     だからいつお別れのときがきてもいいように、毎日を送らないといけないのではないでしょうか。
    とはいえ、そうそう実行できることではないですね。
    完璧な一日を送ることなど、おそらく自分には一生かかっても出来ないのだろうと思います。



     それでも自分自身、「これで駄目ならしょうがない」と思える気持ちで最期を迎えられるような毎日を送りたいですね。 

     きっと、気を抜いたときにこそ「自分の最期」ってやつは迎えに来る気がするから・・。









    やり残した事などないようにしたいけど、我慢しなくちゃいけないことも世の中にはありますよね。
    二度と叶わないことなんて、一生に何回も訪れるだろうし・・・。









      


  • Posted by メタルゴ at 23:17Comments(0)ことわざ

    2011年12月12日

    みかん

    久しぶりにお気に入りの蕎麦屋で昼ご飯を食べたら、サービスでミカンがデザートに付いてきた。

    みかんを見ると冬になったなと感じますね。


      


  • Posted by メタルゴ at 13:58Comments(0)食べ物

    2011年12月10日

    45座右め

    今日も寒かったですね。

    朝、出勤途中に道端見たら、陽のあたっていない場所が白っぽくなってましたよ。
    激サムスですね。


    ま、冬なんだから寒いのは当たり前として
    サクッと更新しますか。


    45座右めです。

    志の固き人は幸いなるかな。なんじは苦しむ。
    しかれども長く苦しむことなし。また、誤って苦しむことなし。


    テニスン



    志の固き人か・・・。
    そういえばさっきまで、ワンピース観てましたわ。土曜ワイド劇場だっけ?

    志が固いと言えば
    ルフィとかゾロとか、たくさんいるけど麦わら海賊団はみんな志が固い気がするね。

    ロビン以外はみんな子供なんだけどなぁ。すごい設定だよね。


    漫画だからっていえばそれまでだけど、ワンピースも仮面ライダーもみんな意志が固くて憧れますな。



    とりあえず、2月に向けてジューダスを聴きまくらなければと、意志を固めているところです。













      


  • Posted by メタルゴ at 23:29Comments(0)ことわざ

    2011年12月10日

    44座右め

    またまたちょっとサボっちゃいました、メタルゴです。

    最近は年末特有の忘年会や、普通に仕事で忙しかったりしましてね。
    家に帰ってもメシ食ってひとっ風呂あびたら寝ちまいますね。
    歳かな?


    まぁいいや、みんな等しく年とっていくんだし。20と40じゃ相当違うけど100と120は大して変わらない気がするしな。
    120歳までは生きないだろうけど。(郭海皇は生きてたけど)

    またいつもの脱線が始まったので、さっさと座右を始めるとします。

    今回はコレ。

    決断―なすべきことをなそうと決心せよ。いったん決心したことはかならず実行にうつせ。

    フランクリン


    おっしゃるとおりですね。
    しかして、凡人にはなかなかその「決断・決心」というやつが出来ないものですよね。
    「よね」って、つい問いかける感じになっちゃいましたが、とりあえず自分はなかなか出来ていないのでこうやって気づいたときに自分に言い聞かせるようにしないとね。


    決断が人並みに出来ていれば、もう少し人並みな人生を歩んでいたかも知れませんね。
    あとの祭りですが。


    サボっていた穴埋めとして、今回は昨日久しぶりにスロット打ちまして、そのとき遊んだ5号機の「番長」写真を載せておきます。

    パンダ倒して赤7揃えたりもできました





    なんか良く分からなかったのですが、こんな画面になったときにエライARTのゲーム数が稼げまして・・・









    一撃でいっぱい出たんですけどね、そのあとズルズル呑み込まれまして。最終的には2700枚くらいでした。
    ま、久しぶりにパチ屋にいったんですが、タバコ臭さとあまりの空気の悪さで、やっぱもう自分に適した場所じゃないなと再確認しました。


    しかし今日(9日)は寒かったですね~。




      


  • Posted by メタルゴ at 00:44Comments(0)ことわざ

    2011年12月04日

    43座右

    最近まじめですね。今日も更新できました。


    今日も言葉はコレ。


    野心は一つの悪徳なるも、そは美徳の父ともなりうる

    クウィンティリアス



    偽善も善には違いないと言うことに近いのでしょうか?

    自分勝手な野心も、ヒーローになりたいとか
    英雄になりたいという「野心」がもとにあり、
    英雄になるための善行や利他行の積み重ねであるならば

    それは「美徳」へと昇華するのではないだろうか。

    ・・と言うことでしょうかね。



    なんにせよ、周囲や該当者にしてみれば野心家だろうがなんだろうが
    自分や社会にとって有益な存在であるならば、そのものは野心家ではなく
    美徳家(?)と映るのではないだろうか。

    トラは死して(価値のある)皮を残しますが、人間が残せるものはそれほど価値のあるものではないでしょう。だったらせめて、善行を積んだというような「名」を残せるようにしたいものです。

    「名」と言うよりも、「名誉」と言ったほうがしっくりきますかね。


    「誉れる、名前」で「名誉」


    日本語って実に良く出来ていますねぇ。

      


  • Posted by メタルゴ at 00:02Comments(0)ことわざ

    2011年12月02日

    42座右

    座右の銘の時間です

    ちょこちょこサボりがちですが、このごろ忙しくてね。
    歳を重ねると時間の経つのが早くて参っちゃいますよ、ほんと。

    じゃ、始めます。第42座右。

    英雄に普通の人より勇気があるのではなく、
    ただ5分間ほど勇気が長続きするだけである。


    エマーソン


    ・・・エマーソンて言っても、レイクアンドパーマーではないと思いますよ、うん。
    知ってましたか、そうですか。


    それにしても、こういうことが言える人
    もしくはこういうことを思いつく人って言うのはカッコイイですね。

    カッコイイと言うと安っぽくなるけど、こういう言葉をサラッと言えて
    当然行動も伴っているって人が、輝いてる人ってことなのかなと。


    ま、全然見当違いと思う人もいるかもしれませんが
    わずか5分と見るか、されど5分と見るか。

    5分間の無呼吸運動はスペックさん(グラップラー・バキ)ぐらいにならないと
    無理なんじゃないかと。

    まざ、本日の言葉は「5分間の勇気」であって「5分間の無呼吸運動」ではありませんけど。



    勇気か~、持てそうで持てない。もしくは持ち続けることが非常に困難なモノですね。


    自分に勇気があれば、あと一人くらいは幸せにすることが出来たかもしれないと思うと
    非常にやりきれないですね。

    くよくよしても始まらないけどさ。









      


  • Posted by メタルゴ at 23:29Comments(0)ことわざ