たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

人生とは質の問題であって量の問題ではないのだ、友よ。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2009年06月30日

ガンダム日めくり語録カレンダー6月30日

第12話「ジオンの脅威」

何を言うか! ザビ家の独裁をもくろむ男が何を言うのか!!! byブライト・ノア

ガルマの死ですら利用し、国民感情を反地球連邦へと誘導するギレン。ギレンの巧みな弁舌に大多数のジオン国民は彼にコントロールされてしまうのでした。ここら辺は自称IQ300の富士額野郎と言われるだけのことはありますね。

しかしギレンの演説を聞き、即座に批判する男もいるのでした。
まぁ、地球連邦側なんだから当たり前っちゃ当たり前ですが。

ギレンに独裁者の影を見いだしたのは、何も連邦側だけではありません。後にギレンに謀殺されてしまう実父デギン公王もまた、実子ギレンに独裁者の影を見いだし「ヒトラーの尻尾」という言葉でギレンの本性を揶揄するのでした。


西暦1900年代だろうと、宇宙世紀だろうといつの時代も独裁者というのは現われてきます。
独裁者の姿こそ、人間の奥底にある最も黒い感情なのかも知れませんね。

ジオンに現われた後は、その後連邦軍にも現われてきますしね。



不幸になるのはいつだって罪の無い一般大衆なんですが、独裁者の台頭を許してしまったのもまた、他ならぬ一般大衆なのでしょう。


  


  • Posted by メタルゴ at 07:22Comments(0)ガンダム

    2009年06月28日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月29日

    今日は最初に語録を書いてから雑文を書きますかな。

    第29話「ジャブローに散る!」より
    パイロットは、そのときの戦いに全力を尽くして、後悔するような戦い方をしなければ、それでいい。byウッディ・マルデン

    マチルダさんが戦死してしまい、責任を感じるアムロ。婚約者だったウッディに、「マチルダを死なせたのは自分のパイロットとしての腕が未熟な為だ」と話すが、ウッディに一喝されます。そしてまだ若いアムロに諭すように、パイロットとしての心構えを話すのです。
    いい話ですね。

    さてさて、2009年もあと2日で折り返し地点になりますねぇ・・。

    しかし時の流れは速いものですね。
    そして人間の思考も時と共に変化するものだと、実感しております。
    まだ気が早いですが、今年2009年は僅か半年の間に今までの人生でも最高に密度の濃い時間を過ごせています。
    あくまでも自己判断であり、他の人に比べると大した事ないのかも知れませんが・・・。

    しかし自分の立てた一年の目標に向けて、きちんと達成するような行動を心がけねばと、再確認する時期かなと思っています。
    残り半年、どんな未来が待っているのか何となく予想できたり出来なかったり。


    どちらにしても立ち止まったりはしないように心がけよう。


    人の歩みを止めるのは絶望ではなく諦め
    人の歩みを進めるのは希望ではなく意志

    意志なのか意思なのか忘れてしまいましたが、多分意志の方だろう。そうでないとおかしいからな。
    意味合い的にも、意志=成し遂げようとする心、意思=考え方、って感じがするし。


    日本刀のように、何ものにも曲げられる事がない鉄のような意志
    いつか掴みたい目標であります
      


  • Posted by メタルゴ at 23:26Comments(0)ガンダム

    2009年06月28日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月28日

    第34話 「宿命の出会い」

    本気なら殴れるはずだ! byスレッガー・ロウ

    ミライのために必至に力になろうといている・・・。

    しかし、必至という言葉が示すとおり、本当に死ぬ気で相手の事を思っているなら・・・
    そうだよな、本気なら殴れるはずだ・・・よな。

    でも、心底惚れてしまうとカムランのようになってしまうかも知れませんね。

    まぁ、惚れた理由にもよるとは思いますが。



    恋に恋焦がれている、
    彼女が欲しくて仕方ないが先に来て、彼女を探すんではなく
    自然に好きな人ができて、それからその人を彼女にしたいと思うのが正常なのかなと思いますけど
    それほどコチラ方面に博識な男ではないので
    ボロが出る前にドロンってことで宜しいですか?


    では、
    See you、バイバ~イ ( ´∀`)ノシ







      


  • Posted by メタルゴ at 00:43Comments(0)ガンダム

    2009年06月26日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月27日

    第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」

    あえて言おう、カスであると! byギレン・ザビ

    ソーラ・レイ(後に改良されたものがコロニーレーザーと呼ばれる)により、実父のデギン公王もろとも連邦軍のレビル将軍の艦隊を消滅させたギレンは、ジオン国民にジオンが優勢であると印象付けるための演説を行います。
    そして残った連邦軍の戦力を指して語録の言葉を言い放ったのです。


    ちなみに6月27日は「演説の日」です。

    そんな日あったのかと思うそんな夜でした。  


  • Posted by メタルゴ at 23:09Comments(0)ガンダム

    2009年06月25日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月25日と26日

    ちょっと色々あって語録の更新が滞りました。

    しかし、いきなり一位になっていたのには驚いた。∩( ・ω・)∩

    いったい何が起こったのかメタルゴには理解不能ですが、明日には順調に落ちますので一つご安心を。


    では2日分の語録をどうぞ。

    25日分ね
    第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」
    話は信じるが、戦果だけが問題なのでな byキシリア・ザビ

    最終決戦のすでに人員不足に陥っていたジオン軍。学徒動員のパイロットの養成は万全だと答えるトワニングに対し、落胆の色を隠せないキシリアは嘆きを込めて言うのでした。


    よし次は26日
    第12話「ジオンの脅威」
    うろたえるな。これが地球の雷というものだ byランバ・ラル

    ガルマの敵討ち部隊として地球へ降下。嵐の中を航行中のザンジバルの中で、初めて雷を見たラルの部下は「連邦軍の新兵器です!」と叫びます。が、以前地球で雷を見たことがあるラルは、落ち着いて答えるのでした。



    まぁ、なんで6月26日にこの語録(セリフ)何だと思われるでしょうが、「何とかの日」でありますから。と答えると非常に分りやすい。


    ワタクシめも知りませんでしたが、26日は「雷記念日」らしいですよ。

    そんな日あったんだな。



    エネルの日ってことだな。
      


  • Posted by メタルゴ at 21:13Comments(0)ガンダム

    2009年06月23日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月24日

    今日は暑かったですね(;´Д`)

    家に帰ったら夕飯がカレーだったので、夏が近づいたなあと感じましたよ。♪


    さて語録へいきますか。

    第25話 「オデッサの激戦」

    仇討ちではない。我が軍のうしろを乱そうとする木馬を叩く、これは作戦だ byマ・クベ

    マッシュを埋葬するガイアたちに出撃を促すマ・クベ。ガイアは「言われずとも仇は討つ!!」と、いきり立ちますが。マ・クベはあくまでも作戦であると釘を刺すのでした。




      


  • Posted by メタルゴ at 23:07Comments(2)ガンダム

    2009年06月23日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月23日

    最近仕事以外にも、やるべき事が増えてきました

    それにしても最近の湿度は堪りませんね(;´Д`)
    暑いのは気になりませんが、湿っぽいのは好きじゃないですな
    気候も雰囲気も
    上手いこと言ったつもりになったので、語録へ移動します。



    第13話「再会、母よ・・・」
    地球に家があるだけでもエリートさ byカイ・シデン

    宇宙移民が半世紀以上過ぎた時代では、
    地球ではなくその周りにある人工都市コロニーが故郷という人が多くなり、地球に故郷を持つ人は珍しくなっていたからであります。今日の語録はカイのやっかみですが、理解できるような気もしますね。
    そんなちょっぴりしんみりとした語録なので、当然苦手の部類に入るわけです。多分。

    ですのでちょっぴりお茶らけて〆るべく、語録に出ていた画像にスポットをあてます。

    以前も取り上げた問題ですが、後ろの女性二人の水着はどう考えても逆じゃないのか?


    ちなみにこのときのカッコがシャアの一番くじで話題になった、セイラさんクッションのイラストの元になったものですね。

    ワタクシめは当りませんでしたけど・・・(´Д⊂グスン


      


  • Posted by メタルゴ at 07:47Comments(0)ガンダム

    2009年06月21日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月22日

    いつの間にやら、広告がブログに張り付いてますね。

    まぁ、ただでブログを使っている訳ですから気にもしませんが、ただその広告の内容が・・・。
    なにも独身貴族の貴族からのみドロップアウトしそうなメタルゴのところに

    ノッツェがきてるのは故意か偶然かどちらなんだと。

    まぁ、気にし過ぎかもですがやはり気になる・・・。
    もしかして、それがしの素性を調べた上でタイムリーな広告にしている輩がいるのかいないのか
    そんなこと気にしてどうすんだ俺?って感じです。

    じゃ、語録へいましょうか。

    第26話「復活のシャア」

    マッド・アングラー隊にまわされて早々に木馬に出会うか・・・・。私は運がいい byシャア・アズナブル

    ガルマを死なせた(本当は謀殺)罪で、ドズルに左遷させられたシャア。しかしキシリアに拾われていつの間にやら戦線復帰。
    モビルスーツを何機も収納できる潜水艦ってのもどうなんだと思いますが、宇宙世紀ですから細かい事は言いっこなし。

    しかし、これから手酷いしっぺ返しを受けることとは露知らず、運がいいとか言っちゃってる場合じゃないですよ、ホント。
    でもこの頃はまだ余裕がありましたね、シャア様も。


    とりあえず明日の月曜日は色々と用事が出来てしまいましたので、お仕事お休みです。





    しかし最近また腰が痛くなってきた・・・。

    とりあえず画像でマイナスイオンでも感じてくれれば・・・・。


      


  • Posted by メタルゴ at 23:20Comments(0)ガンダム

    2009年06月20日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月21日

    デジカメとパソコンをつなぐUSBケーブルが行方不明です。
    おかしいな?どこかにしまってあるはずだけどなぁ?

    まぁ、新しく買えばいいんだけどね。大した金額じゃないしさ。


    さて明日は6月の第3日曜日。何の日かと言われてもピンとこない人が95%と思われますが、そうあの日です。
    花束も贈らなければチョコも贈りませんよの、父の日でございます。
    とりあえずプラズマクラスターイオン発生装置を先日あげたのでそれをプレゼントという事にしてもらおうっと。

    では実際の語録へいきますか☆

    第33話「コンスコン強襲」 より

    急げ! お前だって軍人になったんだろうが!!!! byテム・レイ

    サイド7で父テム・レイと奇跡的に再会したアムロ坊や。酸素欠乏症により変わり果てた(ある意味変わってないですけど)父の姿にアムロは悲しさと切なさと心強さを・・・なんかちょっと違うな?
    悲しさを覚えるのでした。

    子供心に感じた父の大きな背中が、ある日それほど感じなくなった時ってありますよね。
    もちろんいつまでも父は父であり、尊敬するに値する(大概は)人物です。
    しかし、手の届かないと思っていた父の背中が少しずつ近づいていると感じたとき、男に近づいた証なのかなと上手いこと言ったつもりになってみたりする、6月の夜でした。



    自分も少しは成長できているのだろうかと、物思いにふける夜でした。

    父親になれる日が来るのかと言われると、なんとも答えようがありませんが・・・。



    注)プラズマクラスターイオンとは、静止質量がほとんどゼロで、極めて強力な帯電性質を有する。また、一定濃度において立体格子状に整列する性質を持っている。・・・・、ものとは一切関係ありませんので。




      


  • Posted by メタルゴ at 23:01Comments(2)ガンダム

    2009年06月20日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月19日と6月20日

    最近たるんでますな!
    なにがって、自分のブログ更新ですよ。
    それほど楽しみにしている人がいるとは思いませんが、自分で決めた事はやらなきゃダメだよなと自己反省の日々であります。


    ま、積もる話もありますが語録を終わらせましょうか。

    19日は第2話「ガンダム破壊命令」より。

    やれるとはいえない。けど、やるしかないんだ!  byアムロ・レイ


    初めてジオンのエースパイロットと退治したアムロ坊や。モビルスーツの性能のおかげとは言え、シャアを何とか退ける事に成功。しかし、帰還したアムロに対しブライトさんは厳しくも「効率的に戦ってこの艦を守る義務がある」と言い放ちます。
    アムロは民間人なので、義務は無いはずですが勢いで正論に持っていくあたり、ブライトはなかなか狡猾(こうかつ)な奴ですね。狡猾なんて言葉はなかなか使いませんよ、ホント。



    って事で次は20日の語録。 第19話「ランバ・ラル特攻!」より。
    フフフ、それにしてもいい度胸だ。、ますます気に入ったよ  byランバ・ラル  

    さすがラル様。アムロの行動を丸読みした上での大人びた対応。
    まぁ、大人びたってか大人そのものですけど。

    自慢のヒゲは伊達ではありませんね。
    モビルスーツの性能はふくらはぎのくびれで決まり、パイロットの性能(能力)はヒゲで決まる。

    しかし、ヒゲにも色々ありますので能力が落ちるヒゲもあるわけです。
    コンスコンやジャマイカンのようなチョビヒゲは能力ダウンのヒゲなんでしょうな。  続きを読む


  • Posted by メタルゴ at 00:18Comments(0)ガンダム

    2009年06月18日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月18日

    6月18日が来ましたね。

    今月2回目のお休みを頂くある意味記念日でございます。

    まぁ、ここ数年のワタクシめを知っている人なら、このくらいの時期に休みを取ったらどこへ行くかは想像に難しくありません。

    どこへ行くかはナイショ。


    では語録スタート。

    第32話「強行突破作戦」 (連日ですね!) より

    私ね、どうしたら早くいいパイロットになれるかしら?  byセイラ・マス

    シャアと対等に渡り合えるようになりたいと言うセイラさんの悩みに対し、アムロは正直に難しいと答えるのでした。



    急がば回れ。

    最も遠回りに見える道こそ、最もゴールに近い道である。



    困難な道と平坦な道があったら、迷わず困難な道を選ぶ。

    そんな人間になるべきだろう。
      


  • Posted by メタルゴ at 00:03Comments(0)ガンダム

    2009年06月17日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月16日と6月17日

    すいません、色々あって更新が滞りました。
    期待してない人もいたと思うので、
    スイマセンでしたとお詫びも反省もいたしません。(しろよ)
    m(。・ε・。)mスイマソ-ン

    では16日分
    第33話「コンスコン強襲」
    若者をいじめないでいただきたい。お手並みは拝見させていただく。 byシャア・アズナブル

    コンスコンに嫌味を言われ、ムカッとしたシャアが立ち去り間際にコンスコンへ残した言葉。
    お手並み~を英語で言うと、Let me wait and seeです。(ガンダムで英語を身につける本より)

    では17日分へ
    第32話「強行突破作戦」
    生意気だね、お前  byスレッガー・ロウ

    セイラにちょっかいを出そうとするスレッガー。それを見たアムロが、「戦闘中だ」と諌めます。ジェラシーでも感じたのでしょうか?
    いわれたスレッガーも少しムカッとしたようで、語録の言葉をつぶやくのでした。



    セイラさんはみんなのアイドルだからな。




      


  • Posted by メタルゴ at 08:09Comments(0)ガンダム

    2009年06月14日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月15日

    15日といえば給料日という人も、世の中にはいることでしょう。
    5とか10とか付く日に給料は支給されますよね。多分。

    そんな前フリで始まる本日の語録ですが、本日の語録とは全く関連性を見出せません。
    要するに、テキトー。
    〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇もテキトー。
    すいません、個人的に普段やらない〇〇〇〇〇〇〇〇購入なんぞしてみたので、色々と思うところがあるようです。
    自分の事なのにブログに書けない事もあるわけですよ、日記みたいなもののはずなのに。あの野郎。

    おっと話が逸れていきそうですので、ここらで修正を。

    第15話「ククルス・ドアンの島」

    あなたの体に染みついている戦いの匂いが、追跡者を引きつけるんじゃないでしょうか?それを消させてください、ククルス・ドアン
    byアムロ・レイ


    ククルス・ドアンは同居している子供たちの親を、自分が殺してしまった事への罪滅ぼしのために、ジオン軍を脱隊して
    子供たちと共に暮らしていました。しかし、ドアンを探す追っ手を排除しながらの生活では真の安らぎを得られなかったのではないでしょうか? アムロと出合った事で少しだけ前に進めたドアンに向け、ドアンのザクが追っ手を呼ぶ戦いの元凶であると告げ、ザクを海中へ沈めるのでした。


    いったいザクがいくらすると思ってるんだと問いかけたい一コマです。(嘘)




    なんか分りますね。

    最初から聖人君主になれるものでは無く、いくつかの間違いや失敗、そして挫折を経験しながら人は成長してゆくのです。

    挫折や失敗が怖いとか、カッコ悪いから嫌だとかいってる奴は、いつまでもケツの穴の小さい人間で一生を終えることでしょう。

    〇〇は毎日の積み重ねです。
    口八丁手八丁で自分はその場から全く動かず、しかし他人にはメッチャ厳しく。
    自分の数字がいい時だけ人に自慢するような、そんな〇〇な人間にはなりたくないなと何となく思いました。
    あくまで何となく思っただけですから。



    名誉最高の善である

    もし、名誉や名声が得られるならば生命自体は安いものだという時代があったそうです。現在は残念ながら生命の方が大切のようです。一部だけかも知れませんが。
    己の生命以上に尊いものが名誉であり、そしてそのなかの「どのような生命の犠牲を払っても高価に過ぎると思われるものの中に忠義がある」。


    とりあえず〇〇〇〇〇〇〇〇には暴れん坊将軍を1からラストまで休憩無しで見続けさせたいと真剣に思いました。






      


  • Posted by メタルゴ at 23:43Comments(0)ガンダム

    2009年06月14日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月14日

    日曜日です。
    私には全く関係ない日曜日です。
    いや、大事という点では非常に関係ありますが、私生活では全く関係ありません。

    さっ、語録を始めましょう。

    第11話 「イセリナ、恋のあと」 より

    モビルスーツ、ガルマ様の仇! byイセリナ・エッシェンバッハ

    家族を捨ててもいいほど愛したガルマを失ったイセリナ。仇を討つべくガルマの部下だったダロタに戦いたいと願い出る。
    ダロタと共にガウ攻撃空母に乗り込んだイセリナ。ガンダムへ向けて特攻するが失敗。
    最後の力を振り絞り、アムロへ向けて銃口を向けるのだが・・・。


    こういうシーンを見ると、連邦軍もジオン軍も各々の正義があり、それに基づいた行動を取っているわけです。

    一年戦争の3年後にはデラーズ紛争という、一揆のようなものが起こります。
    そして、それが原因で紛争終結後4年の歳月を経て連邦軍にはティターンズという腫瘍が大きく育ち、人々に苦痛と不安を与えていました。
    一年戦争から僅かに7年の歳月しか経っていないのに、傍から見ると善悪が逆転していると思うような(実際そのような演出でしたが)、そんな人類が持つ深い業のようなものを感じずにいられません。

    現実でもそうですが、つまるところ自分を抑制する事が出来ない人間は、まさしく自分の気持ち=欲望に忠実に行動します。
    そして中途半端に頭の良い人間は、自分の理性の無さを隠すように取ってつけた理由を考えるのです。
    タチ悪いのは煙に巻けるクソな理由を考えて、自分の中で不正を正当化して押し通す。
    まさしく人間のクズと言ってよいでしょう。

    新渡戸稲造の「武士道」にもありますが


    というものを、いま少し真剣に考える時期が来たのではないでしょうか。

    義 と 仁

    この二つをしっかりと自分の中で精錬しうることが、人生において最も大切なことだと思います。


    そうするとやっぱり、ガトーなんですよね。
    話し方がいちいち武士臭いってのもあるやもですが、奴の行動力と鉄の意志にはまさしく頭が下がります。

    一度読んではいるのですが、良い本は幾度か読み直してその都度新しい発見や、自身の血や肉となり得ると改めて感じることができます。


    ブッ〇〇フの回し者ではないですが、本の中にはとんでもない力を持ったものが埋もれていると思います。

    マンガでも感銘を受けるものはあるでしょう。

    大切なのはそこに「愛」があるかどうかではないでしょうか。



    イセリナにしても、ガルマへの愛はまさしく真実でした










      


  • Posted by メタルゴ at 00:02Comments(0)ガンダム

    2009年06月13日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月13日

    第35話 「ソロモン攻略戦」

    やめてくれよ、なぐさめの言葉なんて  byハヤト・コバヤシ


    リックドムに重傷を負わされたハヤトは、フラウ・ボウに手当てをしてもらいながら
    言葉を搾り出す。

    心惹かれた女性の同情ほど惨めなものはこの世に無い、とラオウ様も言っておられたような・・・?



    確かに好きな女性の前ではかっこつけたいですもんね!

    このときのハヤトはボロボロでしたけど。

    でも結果ラブラブ一歩手前(結婚はしたけど)くらいまでは行けたんだから良いじゃないかと思わずにいられません。



    そんなハヤトもダブルゼータ(ZZ)で死んじゃいましたけど・・・。

    宇宙世紀は切ないね。(´・ω・`)



      


  • Posted by メタルゴ at 00:03Comments(0)ガンダム

    2009年06月12日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月12日

    第24話 「迫撃! トリプル・ドム」 より

    すてきな恋人、探してね byマチルダ・アジャン

    カイの「マチルダさんが恋人だったら最高だ」発言を耳にしながらも、落ち着いた対応をするマチルダさん。

    大人だなあ。

    そして、もしカイが聞こえるように言ってたとしたら
    その計算高さを褒めようと思います。


    恋は駆け引きですよ。

    と、正攻法の力押ししか出来ないメタルゴが能書きを垂れるのでした。




    そんな簡単に駆け引きなんか出来るかっての・・・。










      


  • Posted by メタルゴ at 00:18Comments(0)ガンダム

    2009年06月10日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月11日

    暦の上では6月も中旬に入ったといっていいのでしょうか?
    九州とかは当然のように梅雨入りしましたしね。時の経つのは早いものです。

    本日の語録はなぜこのセリフなのか、少なくとも日付から関連性は見受けられません。

    ので、さっさと語録に移動しましょう。

    第33話 「コンスコン強襲」 より
    ミライ、僕の何が気に入らないんだ? ミライ、教えてくれ。直してみせるよ、君のためならば。ミライ・・・・ byカムラン・ブルーム

    女々しい。一言で言うとそれに尽きます。が、気持ちは分からんでもない。
    本当に好きな人がいたらきっとこうなるんだろうなと、少なからず思いますね。
    そういう人には、なかなか巡り会えないのが残念なところですね。

    そっちの人生は既に終了してるんじゃないのかと些か心配なメタルゴですが、でもカムランのようにはなりたくない。
    今までの自分に胸を張る事が出来ないから、今現在の自分を作り変えようとする。そんなに簡単に変われるはずもなく、付け焼刃という言葉通り、薄っぺらな人間になるのがオチですね。

    偉そうにほざいてますが、実は自分もまだまだ努力が足りんのですわ。
    ですので本日の語録を教訓に、とりあえず顔を上げて歩けるような生活を心がけ、自分を磨こうと思います。
    その上でダメならしょーがないじゃないですか。

    才能や素質がないのが、才能や素質だったりする事もあるかもしれませんよ?


    人生万事塞翁が馬、ですよ(ちょっと違うか?)



    なんだか語録と関係ないところへ着地した気がするなぁ・・・?
      


  • Posted by メタルゴ at 23:18Comments(0)ガンダム

    2009年06月10日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月10日

    遅くなったので、無駄口(無駄書き?)を叩かず、語録を進めようと思います。
                    ↑コレがその無駄口!


    第26話 「復活のシャア」

    すべてモビルスーツ、モビルスーツか。時代は変わったな  byレビル  

    開戦時は艦隊戦だったが、モビルスーツ戦が主流になったことを目の前の戦闘で理解した連邦軍のレビル将軍。
    開戦時のルウム戦役で捕虜になったのも昔の話。そのとき黒い三連星にとっ捕まったのも、モビルスーツだったような気がしますが、おいときましょう。ルウム戦役でシャアが5隻の戦艦を沈めたのも、モビルスーツです。

    まぁ、そんな扱いも仕方ないですね。



    それより何より、レビルのオッサンは時代の移り変わりや、時勢の移り変わりなどを察知できているようです。
    しかし世の中には時代の移り変わりを認識できない人が多すぎます。

    いい加減自分に人望無いのに気づいたりしないのかと、なんかのマンガに出てきたキャラを思い出してみたり。



    あ~、もうどうでもいいや。

    夜は夜で忙しいですからね。

    それじゃみなさん、お元気で。








      


  • Posted by メタルゴ at 00:20Comments(0)ガンダム

    2009年06月08日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月8日、と6月9日

    昨日は一身上の都合により、日めくり語録を更新できませんでした。

    ので、本日2日分の更新をさせていただきます。(断る必要なし)


    では8日の語録です。
    第32話 「強行突破作戦」より

    スレッガーさんかい? 早い、早いよ  byカイ・シデン

    正面のジオン艦隊を強行突破するため、モビルスーツとGファイターに出撃を命じたブライト。配属後の初戦闘になるスレッガーは張り切るあまり仲間達より先行してしまうのだった。


    さて連発でいきますよ♪ 次は6月9日の語録!

    第27話 「女スパイ潜入!」 より

    へっ、みんな一生この艦(ふねと読んでください)にいるつもりらしいや  byカイ・シデン


    きました。ココへきてカイ・シデン2連発!!!

    カイのざっくばらんな話し方に共感を持ち続けているメタルゴにとって、まさしく嬉しい瞬間です。

    斜に構え続けながら、それでいて本質を見抜くチカラをミハルの死と共に授かったのでしょうか?
    カイはゼータでもしっかり出てきておりましたからね。


    カイバンザイ!! (やる気ねぇ~)





      


  • Posted by メタルゴ at 22:38Comments(0)ガンダム

    2009年06月07日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月7日

    第33話 「コンスコン強襲」 より

    奴はなぜ、マスクをはずさんのだ? byコンスコン

    なぜって、新型(インフルエンザ)が怖いからじゃないでしょうか?
    ・・・・んなわけなく、酷い火傷のあとがあるからという事でした。

    まぁ、無能な将軍コンスコンとか言われるくらい、ファーストの中では際立ってダメな司令官ですが、顔と態度はやたらデカイオッサンでした。ワタクシめも十分オッサンなので、こうならないよう気をつけねばと思っております。



    そんなことより、そろそろ紫陽花電車の季節がやってきたんじゃないですか~?
    箱根登山鉄道の力強さを経験すると、病み付きになりますね。

    前が後ろで後ろが前でみたいな、ある意味 Gブルですよ。ホントに。

    きっとGブルのモデルは箱根登山鉄道だったんだろうという、大胆な仮説が生まれた瞬間ですね、今夜は。

    ではまた。

      


  • Posted by メタルゴ at 01:04Comments(0)ガンダム

    2009年06月06日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月6日

    こんばんわ、ハッキリしない天気のまま梅雨入りしそうですね。

    人生どう転ぶか分りませんね。物事は良くも悪くも、受け取り方一つで、吉事にも凶事にもなります。
    自分の人生で結構大きな事じゃないかということが本日ありました。
    結構我慢もしているし、一つくらい贅沢してもいいよな。って。

    では語録へいきましょう。本日はコチラ!
    第38話 「再会、シャアとセイラ」 より
    兄さん、キャスバル兄さん byセイラ・マス

    過去を捨て、素顔を隠しながら復讐に血塗られた人生を送る、兄キャスバル。
    妹のアルテイシア(セイラ)はそんな兄を止めようと、何度も名前を呼びます。
    しかし復讐鬼となった兄に、妹の声は届かないのでした・・・。



    しかし、アルテイシアって名前は萌えますね。萌えませんかそうですか。





    今日チョッパーの一番くじを久々にやろうと思ったけど、あまりにも食い散らかされたくじ売場だったので、断念しました。
    またいくつかコンビニを回ってみようと思います。




      


  • Posted by メタルゴ at 02:35Comments(2)ガンダム

    2009年06月04日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月5日

    早いです。6月も既に5日を迎えます。
    一日は24時間のはずですが、体感的には18時間ぐらいではないでしょうか?
    特に寝ている時間はあっという間に過ぎていってる気がする、この頃のメタルゴでございますが、皆さんはいかがなものでございましょうか?どうでもいいけど。


    さて本日の語録です。

    第32話 「強行突破作戦」

    変わり身が早いんです。自分からモビルスーツに乗ってもくる、すごい人です。 byアムロ・レイ

    シャアをよく知らないスレッガーに対し、アムロが説明したのが今回の語録。語録って程でもないと思いますが、こんなんでも入れないと365個も集まらないですからね。製作者さんお疲れ様でした。


    しかし、シャア・アズナブルってのは凄いですね。敵に褒められるんですからね。ガトーも連邦軍の教科書に出るくらいなので凄いと思いますが、ファースト当時のシャアには敵いませんね。パオロ艦長なんか驚きすぎて白黒になってましたからね。


    しかしなんだ、変わり身が早いってのはさ、メタルゴの周りには凹むほうで凄い奴ばっかだぞ。




    やっぱあれだ、自分が一番可愛いやつについていく奴は、結局同じ内容の奴だからさ、ついてく奴も変わり身早いわけだ。

    きっとな。


      


  • Posted by メタルゴ at 22:44Comments(0)ガンダム

    2009年06月03日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月3日と6月4日

    昨夜からshinkenさん(久々登場)家に泊り込みで、今朝早くから渓流釣りに挑戦して来ました!
    釣り自体が超久々でしたが、それ以上に遊びで仕事休むのも久々でした。

    釣果はshinkenさんに借りた釣り具が調子良かったので、10匹ほど釣る事ができましたよ。(^^)v

    圏外表示には面食らいましたけど、夕方まで遊べて楽しかったです。たまにはこういうのも良いもんですね。


    さて時間も時間なんで、3日と4日の語録を同時にアップします。

    6月3日  第20話「死闘! ホワイトベース」
    力ずくで人に言うことを聞かせようったって、無理ですよ byハヤト・コバヤシ

    アムロばっかり贔屓するブライト達のやり方に反感を覚えた、ハヤト・カイ・ハワード・マクシミリアンの4人組。4人はやってられるかとばかりにホワイトベースを出て行きます。が、騒ぎを聞きつけたリュウ兄貴が4人を力ずくで戻そうとします。カイはぶん殴られました。悲惨。
    それをみたハヤトがいった言葉ですね、これは。
    ま、最近はパワハラとかいう言葉がありますからね。普通の会社にはこんな事は無いのでしょうけど。ちょっぴり昭和の臭いを感じるシーンです。

    では次。

    6月4日 第9話「翔べ! ガンダム」より
    アムロ! 今のままだったら、貴様は虫ケラだ!!! byブライト・ノア

    親父にもぶたれた事ないアムロ坊ちゃま。その坊ちゃまが、オスカー顔負けの演技派艦長のブライトさんに、笑いながら二度もぶたれた上に投げつけられたのが今回の言葉。
    この言葉に奮起(激怒?)したアムロは、ガンダムで出撃。一時的ながら空を飛びつつ、ドップを次々に沈めます。

    ブライトさん、ムチとグリンガルのムチを上手く使って戦いを勝利に導きます。
    このへんが、今後名艦長として宇宙世紀を生き続ける男の真骨頂と言ったところでしょうか。


    しかしまぁ、きましたね。虫ケラ発言が。
    お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、6月4日は「虫の日」です。
    小さい子が連想するのは虫キングですけど、ひねくれた大人が連想するのは「ギャラクシアン」とか「ミリピード」あたりか。
    どっちも初代ファミコンソフトなんですけど、敵キャラが巨大昆虫なんですよ。

    ま、どうでもいいけど。

    そういや、最近またカレー比率が高くなってきたなぁ・・・。









      


  • Posted by メタルゴ at 20:11Comments(0)ガンダム

    2009年06月01日

    ガンダム日めくり語録カレンダー6月2日

    第17話 「アムロ脱走」 より

    兵士には、作戦全体を見通す事ができるわけないんだ。命令は絶対に守れ! byブライト・ノア


    ガンダムで出撃しろというブライトに対し、ガンタンクで出撃したアムロ。敵戦力を見誤り、ホワイトベースを聞きに陥れてしまった。帰還したアムロへ、ブライトの容赦ない咎めの言葉がこだまする。(こだまはしていません)


    シーン的には合っているのでしょうが、個人的な説明では
    ホワイトカラーとブルーカラーの確執を感じることもできますね。
    感じませんかそうですか。



    経営者と労働者って置き換えても使えるな・・・。
      


  • Posted by メタルゴ at 23:32Comments(0)ガンダム