たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

人生とは質の問題であって量の問題ではないのだ、友よ。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2012年05月04日

浅川の工事

八王子に浅川橋って橋があるのですが、最近河川敷の工事をして川幅を狭くしていたんです。

でも一昨日からの豪雨により・・・

今朝通りかかって見たとき、工事したところがほとんど流されてました。



近所のおばあちゃんが、また無駄なことしてるって言ってたけど、その通りになりました。

河川工事だから国の工事かな?

税金無駄にしないよう、役人さんも少しは学習してくださいね。  


  • Posted by メタルゴ at 23:25Comments(0)

    2012年05月04日

    浅川の工事

    八王子に浅川橋って橋があるのですが、最近河川敷の工事をして川幅を狭くしていたんです。

    でも一昨日からの豪雨により・・・

    今朝通りかかって見たとき、工事したところがほとんど流されてました。



    近所のおばあちゃんが、また無駄なことしてるって言ってたけど、その通りになりました。

    河川工事だから国の工事かな?

    税金無駄にしないよう、役人さんも少しは学習してくださいね。  


  • Posted by メタルゴ at 23:25Comments(0)

    2012年04月27日

    三日遅れ

    久しぶりに座右の銘を更新。
    60くらいだったと思いますが、調べるのがめんどくさいので外伝として更新。

    座右の銘 外伝1

    愛は理解の別名なり。

    by タゴール



    愛は信頼であり、真に愛するということは真に理解することである。

    己の欲せざるところ人に施すなかれ、ですね。
    後悔が強いほど、成長できる。

    次があるのなら、その人には信頼を裏切るような真似をしないようにしよう。



    三日遅れのハッピーバースデー。

    誕生日はちゃんとお祝いしないと駄目だよね  


  • Posted by メタルゴ at 03:34Comments(0)ことわざ

    2012年04月11日

    63座右め

    このくそPC!


    おっと、いきなり汚い言葉で始まってしまいました。大変申し訳ありません。


    突然ですが、ワーカーホリック って言葉ご存知ですか?

    先日、ある人に「あなたはワーカーホリックです」と言われた。根性が曲がっているワタクシめは、お前に俺の何がわかると吠えてみたものの、じつは「ワーカーホリック」をよく知らなかった。ので、みんな大好き「エキサイト翻訳」を頼りに調べてみた。簡単に言うと、仕事中毒らしいが実際よく分からない。

    ので、少し座右の本を読みなおしてみた。勉強になるね、偉人の言葉は。



    そんななか、「人間は争う」という目次があったので考えてみることにした。


    生物学的に考察すると、人間はもっとも怖ろしい猛獣であり、しかも同じ種族を組織的に餌食する唯一の獣である。
    ジェームス



    ワーカーホリックの原因の一つに「人事考察」というのがあるそうだ。

    多くは語らぬが、いくら人間が評価するとはいえ、明らかに不公平な評価は許しがたいものであると、「ケーキを切り分ける側の人間」は肝に銘じる必要がある。


    それにしても、組織とはかくも変化するものか。

    くだらないことに意地を張ることは、バカのすることなんだろうか。  


  • Posted by メタルゴ at 23:46Comments(0)ことわざ

    2012年04月07日

    永遠のガンダム語録 その1

    よっ、久しぶり(^o^)丿

    ってかんじでの久々の更新です。


    今回の内容は、定番(でもない)座右の銘を更新するかと思いきや、昨日ブックオフで手に入れた、

    「永遠のガンダム語録」
    なる本(びっくり価格¥105-)から、
    人生のためになるんではないかという一言を、完全に個人的見解から抜き出してご紹介するという、
    なんとも自分勝手な記事でございます。


    その一言は、永遠の名艦長 ブライト・ノア 先生からの一言です。

    られたものの中で、
    最大限に考えて生き延びるんだな


    これは深い。完全に現代社会での生き方にも通用しますよ。

    人間生まれも育ちも違うわけですから、無いものねだりをしたって始まらないのです。

    それよりも、今自分が置かれている現状をよく理解して、その中で最大限の努力や工夫をして1分1秒でも生き延びること。

    どんなことも開き直れるまでやってみたいと思います。





    好きなだけ働ける仕事は、もはや自営しかないのか。  


  • Posted by メタルゴ at 21:43Comments(0)ガンダム

    2012年03月31日

    62座右め

    久しぶりの更新です

    最近はずっと、ナメコ栽培に忙しくて
    パソコン起動させることすらしていませんでした。

    来月から転勤になるので、自分に言い聞かせるような言葉を取り上げてみます。

    ま、面の皮が厚くない人は言われんでも自然にできているとは思いますが、
    よろしければ、メタルゴともども気を付けていきましょうね。

    では、今日の言葉はこちら↓

    らよく思われたいなら、
    自分のいい所を並べ立てないことだ


    パスカル


    そりゃそうですよね。

    ついつい会議の席で発表するときなんかで、ポロッと出ないように
    日ごろから気を付けて発言するようにしないとだめですね、ワタクシめは。

    とはいえ、
    優等生になったからと言って、
    協調性が上がるとは考えにくいんですよね。

    協調性といえばこの三人↓


    ジェットストリームアタックは協調性がないと出来ませんからね。
    そう考えるとワタクシめって奴にはマネ出来ない芸当ですな、ジェットストリームアタックは。

    「しんゆー」が2人必要ですもんね、あれには。








      


  • Posted by メタルゴ at 01:06Comments(0)ことわざ

    2012年03月25日

    エクスペリア アクロ HD

    遂にスマホに切り替えた。

    来月からトレイン通勤する予定なので、トレイン内で電子ニュースペーパーでも読もうかとか思い立った訳ですが、知り合いにすすめられた(ナメコ栽培)がツボにはまりました。




    こうしているうちにも、我がナメコ達が順調に育っているのか、気が気でないですわ。  


  • Posted by メタルゴ at 07:36Comments(0)

    2012年03月18日

    臨時休業のお知らせ

    今夜はカレーを食べようということになりました。


    職場近くに本格カレーを食わせる本格カレー屋さんがオープンしていたので、皆で行ってみることに。


    終業の片づけも終わり、足早にインド人の店へ向かうと・・・・・!!





    いつの間にやら臨時休業(?)していた模様。


    臨時休業はいいのだが、それよりも何よりもこの貼り紙に一同目を奪われてしまった。
    インド人さん達の努力が伝わってくるだけに、要所要所で笑ってしまう。



    日本語はかなり高度な言語なんだなと、思わずにはいられない内容でした。



    「ん」に濁音(〝)って、やっぱ「ん」にメチャクチャ力を込めて発音するのでしょうかねぇ。




    なんにせよ、早く無事に再営業できるといいですね。





      


  • Posted by メタルゴ at 00:18Comments(0)食べ物

    2012年03月12日

    61座右め

    実に久しぶりな座右の銘の時間がやってまいりました。

    完全に偏屈な職人の仕事の取り掛かりのごとき更新の仕方になっていますが、三十路を卒業するとそんなことは
    俺のハナクソより小せぇ問題よー!

    と、銀牙に出てくる奥羽軍団2班隊長のグレートのように吠えてみたりする始末です。

    2記事続けてお犬様漫画の銀牙ネタで行きましたが、皆さん気になってきたんではないでしょうか?気になってしまった人は、近くのブックオフか満喫に行って銀牙を勉強しましょうね。男の勉強にもなりますから。(嘘)


    ではそろそろ久しぶりの座右を。


    61座右め

    成功に秘訣というものがあれば、
    それは他人の立場を理解し、
    自分の立場から物ごとを見ることのできる能力である。


    ヘンリー・フォード


    このヘンリー・フォードという人はみなさんご存知であると思われる、アメリカの自動車会社
    フォード・モーターの創業者さんです。

    日本も外国も関係なく、大企業の創業者さん達は実に多くの金言・名言を残していますね。
    とくに、日本では「ホンダ」の本田宗一郎さんと、松下電器(現Panasonic)の創業者である、松下幸之助さんでしょうか。

    もちろんもっとたくさんの人が金言を残してくれています。
    それでも、その時代を作ったような人たちは、やはりメタルゴのような凡人とは何か根本的に違うんでしょうね。
    読めば納得の一言も、それを気に留め自分の行動の糧とするのはなかなかできるものではありませんからね。

    他人の立場を理解すると、なかなか自分の立場をゴリ押しするのは気が重いメタルゴなんですが、素直に「ハイ」とも言い難い。

    一番ダメな対応ですね。でも、それが自分なんだなと最近は感じています。治るかもしれないし、治らないかもしれない。
    でもそれが良くも悪くも、自分らしさなんでしょうかねぇ?


    ちなみに、今回なぜヘンリーという名前を使ったかというと、やはり銀牙に出てくる九州のお犬様に
    ヘンリー3世
    というお犬様がおるんですな。

    たしか、九州の肥前を統率するビーグル?犬だったと思います。


    人も犬も、ヘンリーという名前は上に立つ名前なのかも知れませんね。

















      


  • Posted by メタルゴ at 21:08Comments(0)ことわざ

    2012年03月06日

    銀牙 聖犬伝説

    久々更新の三十路団でございます

    久々なのにこんな内容で申し訳ないというくらい、くだらない内容ですが
    時間が余っている人、ジャンプ黄金期が好きだった人、
    そして「しゃべる犬」が好きな人はどうぞ続けてお読みくださいませ。

    それにしても2月は忙しかったなぁ。
    仕事や、仕事にまつわる付き合い酒やら、付き合わせ酒やら、

    ジューダスプリーストのツアーに2回も参加とかいろいろ、

    その他もろもろは特にないけれど、とにかく忙しい月だったのです。
    あ、あと、先月は雪も降ったりするくらいだったので、マイルームは寒すぎてパソコン開いてポチポチやってると風呂で温まった体なんぞはあっという間に冷えてしまうのです。

    なので部屋に入るとき、それはすなわちダイブイントゥーフトンなわけです。英語変だったとしても流すように。

    そして本日であり今日は久々の休みであり、朝起きたらやたら暖かいではありませんか!
    これはチャンスと思い、部屋の片づけを少々したのち、そそくさと職場近くのブックオフへ物色に。セール品の「メタリカBOXセット」にココロ惹かれるも、最近はノートパソコンを新調したばかり。
    先月のジューダスプリースト絡みでの出費もありましたゆえ、ぐっとこらえて店内をぶらつくことに。

    以前購入した、「死ぬかと思った」って題名の本が105円コーナーに鎮座しており確保。ちらっと読んだところ、相変わらずのくだらない投稿にくすっと笑う。
    もっと面白い105円はないかとつぶさに調べるも、エンドレスに独り言を周囲にまき散らすお客と遭遇。というか、なぜ俺の周りについてくる?!

    目を合わせるのは危険と判断し、本を探すふりをしながらウロチョロして、独り言から無事逃げきる。

    そろそろ帰るかと思った矢先に、タイトルの本に出会ったわけです。(あ~、前置きが長ぇ。)

    これです↓



    タイトルの「銀牙聖犬伝説」ですが、これは “銀牙 -流れ星 銀-” というジャンプ黄金期の中でも一際異彩を放っていた、しゃべる犬たちが何だかよく分からないくらい大きな熊を倒すために、旅をして仲間を増やし、悪い熊(これがラスボスではありませんでしたが)を倒す、よく考えるとドラクエみたいなRPGストーリーのお話です。今の説明でよく分からなかった場合は、多分ネット上にいっぱい情報があるので自分で調べるように。

    とにかく、この「しゃべるお犬様」系のお話が、メタルゴは大好きなのです。
    とくに序盤は普通の「犬」だった主人公の「銀」ですが、高橋よしひろ先生いわく中々人気が出ない中での「次の巻頭カラーが最後のチャンス」ってときに、犬の心情を理解してもらうために「喋らせてみた」ってことがそもそもの発端だとか。

    銀牙に登場するお犬さんたちは個性豊かで、喋り方も豊富。四国にいた「ビル」って犬はドーベルマンなんで外来種のはずですが、ヤクザの親分みたいな喋りかただったりして、子ども心(たしか中学生くらいだっかなぁ)に楽しく読んでいた思い出があります。

    最後のほうはオオカミと戦うんですけど、里見八犬伝みたいな技だか術だかいろいろ出てきてちょっと興奮してましたね。

    絶 天狼抜刀牙とか、言葉の響きがハンパなくカッコいいですもん。
    前足を突き出して攻撃する犬とか、うちのお犬様も私にじゃれてくるときそうしますけど。

    まぁしかし、忍者犬みたいのが出てくるときに、犬同士で共食いするときに「美味そうな赤肉じゃわい」とか発言があった気がするんですが、お犬様って確か色盲というか「モノクロ」に見えているんじゃなかったっけ?との友人の話がいつまでも脳裏にこびりついております。


    あと、犬肉は熊肉とならんで「獣くさい」らしいです。私どちらも食べたことないのですが、この本に書いてありました。










    最後に、
    個人的には、同じ喋る犬系のお話で、「甲冑の戦士 雅武」の完全解説書が欲しいところです。

    JOJOの石仮面みたいなやつでパワーアップするお犬様のお話ですが(全然説明にはなってない)、あまりのパワーアップにより、犬の中でのリーダーを通り越して、いつの間にか人間を従えていたりお馬さんに騎乗したり、ついには念動力を使ったりと、まさにやりたい放題です。

    同じ先生の代表作に「青空フィッシング」があるなんて信じられないくらいです。

    青空フィッシングもいつか取り上げたい名作であります。


    メダカ釣りの話に触発され、実際にチャレンジしようとして挫折した、個人的な静かなる盛り上がりはいまだに忘れられません。

    メタルゴも若かったからね。



    それにしても、聖剣伝説とかけたんだろうけど、上手いこと考えたタイトルですね。











      


  • Posted by メタルゴ at 21:44Comments(0)マンガ

    2012年01月23日

    サクサク、キュッキュッ。

    久しぶりに更新ですが、久しぶりなのに
    座右なんちゃらではございませぬ。

    座右なんちゃらはさておき、今日の話題といったら久しぶりの積雪ですよね。

    豪雪地帯の方々にはまことに心苦しい限りでありますが、本日の帰宅時に非常にテンションが上がりまして。

    朝はね、いつも通りチャリンコで通勤したわけです。
    もちろん「夜には雪が降るよ」ってな天気予報も見てました。ええ。
    ま、降ったら歩いて帰ればいいやって思ってたんですよね。

    実際帰宅時間になった時にはね、さすがに閉口でしたけど。


    しかたないんで、歩いて帰るわけですよ。しかも革靴で。
    あれ、歩きづらいですよね。場所によっては「ツルっ」てすぐ滑るし。実際こけたし。


    まぁ、そんなこんなで始めはやや億劫気味でしたけどね。
    歩いているうちに、「サクサク、キュッキュッ」みたいな音が出る「新雪」っぽいところを歩くのが楽しくなってきちゃいまして。
    一人ニヤニヤしながら30分ほど帰宅を楽しんでしまいましたよ。


    家に帰っても興奮はすぐに冷めやらずでして。
    ここぞとばかりに徳利に熱燗をつくりましてね、わざわざ外へ出て「雪見酒じゃ」見たいな事をしてました。

    ええ、これでも今年「本厄」なんですよ。どうやら頭髪以外の肉体と精神年齢は雪が降れば喜ぶ程度のメンタリティーしか持ち合わせていないようです。


    それにしても、「サクサク、キュッキュッ」は病みつきになりますね。


      


  • Posted by メタルゴ at 23:58Comments(0)

    2012年01月08日

    60座右め

    またまた区切りの60回目
    今回は、ちょっと趣向をかえた一言をご紹介します


    戦いに行く前に一度祈れ、
    海に行くなら二度祈れ----
    そして結婚生活のに入る前には三度祈れ。


    ロシアのことわざ


    戦争は常に死の危険がつきまとう。
    航海は戦争以上に生命の危険にさらされる場合が多い。

    そして、結婚生活は、ドイツの詩人ハイネが言うように、いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことがない荒海である。何度祈っても祈りすぎはしない。

    といった意味なのではないかと思われます。



    結婚を経験してないやつが取上げる言葉では無い気がしてきましたが、あえて言いましょう。

    結婚が人生のゴールじゃない。と。



    すいません、これ以上は悲しさのような寂しさのようななんともいえない気持ちになりそうなので、やめておきます。


    次はいま少し万人受けするような言葉を取上げたいと思います。



      


  • Posted by メタルゴ at 08:26Comments(0)ことわざ

    2012年01月07日

    59座右め

    寒い日が続きます

    おまけに乾燥しまくっているので、周囲には風邪っぴきがいっぱい。
    本当はのんびりさせて風邪を治してもらいたいのですが、正月は意外に忙しい仕事なのです、ハイ。
    と、言うわけで周りの人たちには仕事しながら治してもらうことにしています。
    スイマセンね。

    では一日あけての座右です。

    成功の秘訣を問うな
    なすべきひとつひとつに
    全力をつくせ

    ワナメーカー


    成功の秘訣を求めずに、必要と思うことへ一心不乱に打ち込む。
    終わってみれば、それが成功の秘訣だったということだろう。

    そもそも、「成功」とは求めることではなく
    あとからついて来た「結果」でしかない。
    自己満足でもいい、満ち足りた気持ちになれれば
    それはその人にとっての「成功」だろう。

    すこし前の座右でも書きましたが、
    ゆめゆめ他人の目と言うフィルターを重宝しないようにしたい。
    自分の人生の価値は結局自分で計るものなんだから。


    ※ワナメーカー(ジョン・ワナメーカー)
    アメリカの企業家でワナメイカーズ(Wanamaker's)の創設者。
    名言の多い人です。






      


  • Posted by メタルゴ at 10:00Comments(0)ことわざ

    2012年01月04日

    58座右め

    今日も寒かったですね


    今日は特に何もなかったのですが、ちいさんぽの途中に立ち寄った職場で、一緒に働いているスタッフの半分が風邪をひいておりました。年末・正月は気が緩んで体調を崩しやすいですね。
    皆さんも気をつけてくださいよ。


    さて、本日の座右ですがこんなやつです。

    成功というものは、
    その結果ではかるものではなく、
    それについやした努力の統計ではかるべきものである。


    エジソン



    そのとおりです
    しかし、現代では「スピード」も評価の対象なのです。
    なので、単なる将来性や甲斐性以上に
    スピーディーさが必要であります。

    本当に必要なものだけ優遇されます。


    でも、現代には「スピード」も必要になっているのですね。

    まるで1990年代にスラッシュメタルが世界を席巻したように・・。





    昨年天に還った「Dio」様も生前もうしておりました。

    メタルにとって大事なことに一つに
    疾走感
    というものがあると・・・・。





    大事ですね・・・たしかに。







      


  • Posted by メタルゴ at 23:13Comments(0)ことわざ

    2012年01月04日

    57座右め

    57座右め

    成功には何のトリックもない。
    私はただいかなる時にも私に与えられたその仕事に全力をつくしてきただけだ。
    左様、普通の人々よりほんのちょっとだけ、
    より良心的に努力してきただけだ。

    カーネギー


    初詣にいったので、おみくじ(絵みくじ?)を引いてみました。
    ラッキーなことに大吉でした。

    本厄だけどこんなに良いことあるんかいなと言うくらいいいことが書いてありました。
    幸先いいですね。高尾山に感謝。

    もちろん大吉でも、「調子に乗ったら駄目ですよ」と言うようなことも書かれていました。
    そりゃそうですよね。

    いつの時代も満足した(成功した)人生を送った人ってのは、人知れず(知られているかも知れないが)努力を積み重ねているんだと思いますよ。
    そこで、嫉んだり・羨んだりせずに、自分のペースを崩さずに継続することがその人なりの成功なんだろうな。

    嫉み・嫉み・羨みなど、隣の芝生ばかり気にしていると、焦ってとんでもない失敗をしでかしそうですからね。
    自分は自分、他人は他人。

    大道行くべし、又何ぞ妨げん
    速やかに生長するものは早く枯れ、徐々に生長するものは永存する。


    自分を信じて一歩一歩努力するほかないですね。









      


  • Posted by メタルゴ at 14:00Comments(0)ことわざ

    2012年01月03日

    厄払いに行ってきました

    3が日も今日で終わり。

    今年は久しぶりにお休みをいただいたので、家族で高尾山へ行ってきました。
    久しぶりにケーブルカーに乗りました。
    あんなに急な勾配だったんだなと、久しぶりに実感。
    ほとんど歩いて登るか、リフトでしたからね。

    ワタクシめ、気づいたら今年本厄でした。
    なので、中腹にある薬王院で厄払いをしてもらいました。
    とりあえず健康(なハズ・・)なので、世界平和を祈願してきました。

    厄年って数えで計算するのは知ってましたが、ついつい正月現在の歳を基準に考えてしまってましたよ・・。
    ってことは、去年は前厄だったのかと思うと、確かに
    頭部に激しい傷を負ったり負わなかったりしてましたわ。

    よく生きてましたね、ワタクシめ。
    それにしても厄除けってああいうふうにするもんなんですね。初詣に行く習慣がなさ過ぎて、いい歳しての初体験でしたよ。
    武士たるもの厄除け方位除けくらい覚えないといけないですな、反省。
    御護摩の金額に迷いましたが、神棚のサイズを考慮してのサイズに落ち着きました。
    気持ちですからね、これは・・・。

    三が日の最終日でソコソコ大勢の人がいましたので、元日は大盛況だったんでしょうねぇ。
    元日を避ければ動けないほどじゃないし、高尾山自体も登るのキツくないので、
    毎年正月参拝に通ってみるのもアリな気がしましたよ。


    これは頂上から見た富士山です。(逆光って撮影難しいですね)










      


  • Posted by メタルゴ at 23:50Comments(0)旅行

    2012年01月03日

    56座右

    全く関係ないですが、とんねるずのスポーツ番組は面白いですね。
    特に、TIMのゴルゴ。

    REDも面白くないわけじゃないけど、ゴルゴはリアル野球版で面白すぎますね。



    それにしても、金属バットってすごいですね。
    プロが使っちゃ駄目なのがわかります。


    それはそれとして、今年2度目の座右の銘行きましょう。

    この世で成功するには、馬鹿のように見えて、その実、利口でなければならない。


    モンテスキュー


    利口な人が、馬鹿に見えるほど行動したらそりゃ成功しますよ。

    「ありゃ馬鹿だろう」というほど努力するとか、やり続ける(継続する)とかしたら、そりゃ凡人は敵いようがないですね。

    と、言うことは凡人は「最低でも誰より努力する必要がある」ってことですね。

    才能がないんだから、何かを犠牲にするくらいで人並みなんだろうな。
    ってことでがんばらにゃ。

    ただ、凡人だから理解できることもあるので、悪いことばかりじゃないですよ。



    馬鹿のように見えて、ってことは

    「馬も四足(よつあし)、鹿も四足」って、義経の理屈か?
    (修羅の刻見すぎでスマン)

    なんかの戦いの時に鬼一(違ったらスマン)がいった一言に上の言葉があったような?



    あ、志村けんも当てはまりそうですね。馬鹿に見えて利口。


    ナイナイとのボウリング対決観てると面白そう。
    結婚できなくても人生楽しそうですよ♪















      


  • Posted by メタルゴ at 10:10Comments(0)ことわざ

    2012年01月02日

    55座右め

    新年と言うめでたいときを迎えてる時に、びろうながら申し上げます。

    アクセス解析の検索キーワードの中に、「金玉」って入ってるのは何故なんだ?
    あんまり「金玉」とかそれに準ずるようなお下劣キーワードは使用していないはずなのですが・・・。

    まぁ仕方ないか。ブログタイトルがブログタイトルだし。


    さて新年2発めまいります。


    成功は結果であって目的ではない

    フローベル


    本名はサンド=フロベール
    フランスの作家さんのようです。良いこといいます。


    以前ご紹介した、「人生において重大なのは生きることであって、生きた結果ではない」ってのがあるのですが、これとニュアンスとしては同じかと。

    成功しようと躍起になるのではなく、まず何をするのかと言う「目的」があって初めて、それを達成したことによる「結果」が生まれるのではないか。

    大事なのは「結果」ではなく、設定する目的。



    はたして自分自身が自分の「行動」に納得できるような「目的」を設定しているか?
    考えさせられる一文ではありませんか。


    以前読んだ本に「国家の品格」というのがあります。良く売れた本なので知ってる人も多いかと。
    その「品格」という言葉に似ている言葉で「品性」と言う言葉があります。
    品格と品性。どっちも似たようなもんですが、イコールではないと言い切れる「違和感」が自分にはあります。

    イメージとして
    品格は、「見た目」が大部分をしめている。

    対して品性は、「内面」もしくは「人徳」?が含まれている・・気がする。



    なので、出来ることなら「品性」のほうを伸ばし・鍛え続けていくことで、より高いステージに立てるよう行動していかねばと思います。



    「金玉」という単語が「検索キーワード」に引っかかる時点で、品性を語る資格がない気もしますが
    メタルゴの耳には聞こえないし、聞こえても修正することもきっとしないびろう野郎ですよ、ヤツは。
    みなさま今年もあたたかく見守ってやってください。



    では、今年もよろしくお願いします
    メタルゴ



      


  • Posted by メタルゴ at 12:12Comments(0)ことわざ

    2012年01月01日

    54座右め  

    あけましておめでとうございます

    前回から24時間たってないけど更新しちゃう予定のメタルゴです。
    今年も良く分からん内容の更新を続けていく予定なので、時間の余っているお方はお付き合いくださいませ。


    それでは2012年一発目の座右です。どうぞ。

    私たちのつとめは成功ではない。
    失敗にも負けずにさらに進むことである。


    スチーブンソン




    新年最初の座右でしたので、ちょっとだけ考えてチョイスしたつもりです。

    もちろん「座右の銘」なんて言葉に、くささとかアツさが少ないなんてことは無いのですが、それでもジャンルやらカテゴリー(?)やらで区切ると以外に多種多様だったりするのですよね。

    とりあえず新年第一発目の座右だったので、ちょっと心に残るようなものを選んでみたつもりです。


    失敗を怖がらず、新しいことや正しいと思ったことをブレずに進めることが出来たら、その人は仕事やその他で失敗をするかもしれないが、その人の人生と言う点では「満足」出来るのだろうな。
    その結果が「金銭」や「地位」的なことで「損」することになったとしても、人の言うとおりに動いて最終的な責任も言った人まかせではいったい何のために人生を歩いているのだか。



    成功したから満足したんじゃない、満足することが成功なんだ。

    ゆめゆめ、履き違えないようにして2012年を過ごして行こうと思う。


    今年もよろしくお願いします
    メタルゴ





      


  • Posted by メタルゴ at 15:15Comments(0)ことわざ

    2011年12月31日

    53座右め

    実に久しぶりな更新であり
    年の瀬でもあります

    本日で激動の2011年も終わり、明日から新たな年となります。

    終わりとは、全ての始まりでもあります。

    終わるべきときに終わらなければ、新しいことが順序良く始まりません。



    2011年最期の座右の銘はそんなことを考慮したりしなかったりする形で締めくくります。


    冬来たりなば春遠からじ

    西欧の故事。日本や他国にも同じような言葉があると思いますが、ワタクシめが引用している本では西欧のことわざとなっておりますので、そのままご紹介いたします。

    本によれば、この言葉はイギリスのロマン派の詩人「シェリー」(1792-1822)の「西風に寄せる歌」という長詩の最期の文句だそうです。

    努力とか成功とか、いかつい言葉を使わずに、苦しいときがすぎれば。かならず成功がその先にある。だからくじけずに、もう少し辛抱しよう。と巧みにそして詩的に表現しているのが印象的だ、と言うことです。

    原文
     If winter comes, can spring be far behind?


    四季のうちで最も陰鬱で暗い。人間の心を閉ざせるのは冬で間違いないかと。
    だが、自然は実に巧みま季節配置をしている。
    冬に続くのは、四季の中でもっとも「楽しく、明るい」「春」なのであるのだから。(花粉症はこまるが)

    日本には「大凶は吉に通じ、大吉は凶に通ずる」。こんなことばもあります。


    いまは暗くて不幸と感じていても、その先には明るい幸福が待っているということだろう。



    朝の来ない夜はない、なども類義語になるのかと思います。
    色々なことが起きた一年でしたが、「足るを知る」ことが出来たということでは実に「実りある」一年だったのだろうかと個人的に思うことも出来ます。



    女々しいことではありますが、「足るを知った気になっていた」と言うことに気づけたことがこの一年で最大の収穫だったんではないかと、2011年を振り返っておるところです。


    泣いても笑っても1年は1年。
    泣き顔も良いけど出来ることなら笑って2012年を過ごせるように心がけてまいりましょう。

    では、みなさま良いお年を!

      


  • Posted by メタルゴ at 23:05Comments(0)ことわざ

    2011年12月22日

    52座右め

    ちょいっと休んでおりました。

    もうすぐクリスマスですからね。あんまりいい思い出が見当たらないクリスマスですが、世の中的にはどうなんでしょうか?
    先日テレビ観てたら、甘党男子がスイーツをただ食べる集まりとかがクリスマスのあるとかないとか。

    甘いもの嫌いじゃないのですが、最近は一切食べないようにしていますね。
    理由は特にないのですが、駄菓子とかインスタントものとかは栄養が偏ってたりもしくは全く無かったりするので、ここ何年とかのレベルで食べてないのですよね。ま、コンビニの弁当が当てはまったらアウトですが。
    まぁ、チャンピオンの誰かが言っていました「毒にも薬にもならぬ駄菓子のごとき云々・・・」と。
    実際そうだよなあと思うし、それ以上に自己流の健康法として
    「体に良いもの」を進んで摂るよりも「体に悪いもの」を出来る限り排除する方が、健康に近づけるのではと思うのです。

    まぁ、今回の座右が先ほど話した言葉に関連しているかと言われると、全く引っかかりませんけどね。
    取り合えずいきますか。


    第52座右

    ことのはじめにあたって、結果がどうなるかをつねに考えよ


    ウインバー




    先日お伝えした言葉とは見方が違いますね。

    着地ばかり考えるな、と言われておったのですが
    今回は真逆。着地を考えて物事を進めろと言われているわけです。

    これ、どちらも正解ですよね?

    ようするに、結果を考えてから行動することも、結果を考えずにいける所まで全力でいくというのも、周囲にしてみれば似たり寄ったりである。
    一つだけ言えるのは、自分に帰ってくるのではなくその影響が周囲に何かを起こすのならば、良い結果が及ぼされるような「行動」を結果を考えながら行うことですね。



    ついつい、自分本位に考えてしまいますけど、出来るだけ周囲に好影響が出る選択肢を選んで進みたいと思います。







    あと少しでクリスマスか。

    別に独りでも問題ないけど、思いがけず願いが叶ったりしないかなぁ。














    時間が2年前に戻れば良いのにと思ったりするときも、1年に1日くらいありますよ。

      


  • Posted by メタルゴ at 23:20Comments(0)ことわざ

    2011年12月18日

    51座右め

    いい感じで師走が過ぎ去っていきますが、世間の皆様は年の瀬を楽しんでいるのでしょうか?
    勿論楽しんでいないメタルゴでございます。


    あぁ、仕事自体は楽しんでいますよ。部分部分をね。嫌な部分はどうしてもあるよ、仕事だもの。

    ってことで本日は51座右めです。
    51っていったらイチローですよ。

    ってことでイチローにまつわる言葉にしたいところですが、良く知らないので普通に選びます。


    つねに行為の動機のみを重んじて、帰着する結果を思うな。
    報酬への期待を行為のバネとする人々の一人になるな。


    ベートーヴェン


    とらぬ狸の皮算用するなってことですかねぇ。

    まぁ、今自分がしていることの着地のことばかり考えていたら、その行動はきっとつまらないものになるし、当然つまらない結果になるんだろうと思う。

    何事も頭が良いのが、良い結果とは限りませんよね。
    馬鹿のやることでも、「誰よりも徹底する」ってだけでその行為はワンランクもそれ以上にもなるんじゃないのかなぁ。


    自分のしたことでどのような評価を受けようとも、最も大事なのは自分の心が満足できたかどうかのほうが大事なんではないでしょうか。



    周囲の評価を気にして、周囲に好かれるように振舞うだけでは真の満足は得られないと思います。
    とはいえ、集団生活が出来なさ過ぎるのもどうかと思う、メタルゴでありました。

    ほっといてくれと思う時間が多いんだよな、俺は。




      


  • Posted by メタルゴ at 23:43Comments(0)ことわざ

    2011年12月17日

    50座右め

    区切りの50座右め、まいろうか。


    あるのは目標だけだ。道はない。
    われわれが道とよんでいるのものは、
    ためらいにほかならない。



    カフカ




    区切りの回でしたので、参考文献のページを飛ばしてご紹介しました。

    ちなみにカフカとは、フランツ・カフカという現在のチェコ(出身地)出身のドイツ語作家と言うことらしい。
    ワタクシめも良く知りませんで、ネットで調べた次第であります。wikipediaさまさまですな。



    でもまぁ、今回の言葉もあれですね。言いたいことがストレートに伝わってくる感じがするんですよね。

    誰しも目標を立てることはやったことがあるはずです。

    でも、立てた目標を最期までやりきったことは100%ではないんじゃないかな?


    あれやろう、これやろうと目標立てることは良くするんですけどね、最期まで長続きすることは少ないですよね。
    ワタクシめだけでしょうか?そうですか?




    艱難辛苦とは災厄ではなく、自分を鍛える試練や修行だと思えば辛い事も喜ばしい。

    意地悪されたら「ありがたい」と思うべし。

    結果的に自分が成長できるのだから。


    って偉そうに言ってるけど、
    自分もちゃんとしなくちゃイカンな。

    反省





      


  • Posted by メタルゴ at 23:48Comments(0)ことわざ

    2011年12月16日

    49座右め

    49座右めということは、次は50座右めと言うことになります。

    しってますか、そうですか。


    まぁ、49と言う数字を見ると何だか縁起わりいなと感じるあなた。日本人ですね。
    その昔、「とどろけ一番!」という名作漫画の受験番号で取り上げられた数字です。そのときは、たしか「僕は49番。死ぬまで苦しむ。縁起わりい」とかなんとか言ってたような記憶があります。
    (違ったら申し訳ない)
    ちなみに。「とどろけ一番」とはコロコロコミックという実際コロコロしていた低学年向け漫画雑誌に連載されていた、時代を先取りするかのような「受験漫画」です。
    詳しいことは、Wikipediaとかで調べてくれると助かります。

    ちなみにメタルゴはコレが流行ったときすでに低年齢ではありませんでした。なのでなぜ覚えてるのか不明です。「ゲームセンターあらし」とか「釣りバカ大将」とか「あばれはやぶさ」とか全然分かりません。



    そうとう話がそれましたけど、とりあえず今回はコレをチョイス。
    49座右めね。


    他人をあてにしてはならない。
    ・・・・・我々はみんな取るために生きているので、あたえるために生きているのではない。


    ゴーリキー
    (ロシアの作家<ペンネーム>でありポケモンのゴーリキーとはなんの関係もありません)



    そうなんですよ。人間の本質は消費であり生産ではないのです。
    でも、だからこそ生産=与える事に憧れる。与えることのほうがカッコイイと思う。

    取るはる、そしてるとかるとかるになるのかなあと。
    とりあえず、間違ってもるにはならないでほしいが、なってみないと分からないですね、コレばかりは。


    とる人生から与える人生へ。
    それが出来る、もしくはするという信頼をいただけたとき、人生が独りではなくなるのかなと思ったりしています。


    与える人生に切り替わるチャンスもあった気がしますが、どこかで間違えてしまったようです。


    次があるのなら間違えないようにしないと・・・。


      


  • Posted by メタルゴ at 23:24Comments(0)ことわざ

    2011年12月15日

    48座右め

    今日はそんなに寒くなかったですね。
    寒がりのワタクシめには大変ありがたい一日でしたよ。
    そんな今日の言葉はこれ。

    汝の道を歩め、人々をしてその言うにまかせよ。

    ダンテ

    ちょっと難しい感じかもしれませんが、きっとこんな感じだろうと思います。

    「周りには言いたいように言わせておきなさい。そして、お前は自分の信じた道を歩きなさい。」
    所詮、自分の人生は自分しか歩けないものだ。

    他人に進められた道がどんなに無難な道・安全な道だったとしても、多少危険が伴っても自分で考えて自分で選んだ道を、自分の責任で進んでいくのが大切なんだと思う。
    周りの目を気にして、周りに合わせて過ごしてきた時間は、本当に薄っぺらい何の色づけもされていない過去の思い出です。
    結果的に自分の思うような色でなかったとしても、自分で選んで自分で歩くことが大切です。
    自信というのは、最初からあるものではなく積み重ねられていくものです。
    何通りも失敗すればいつかは成功に辿り着きます。

    そんなもんです。



    ダンテと言うと、デビルメイクライの主人公を連想するんですけど、この言はイタリアの詩人である
    ダンテ・アリギエーリの言葉。


    それにしても、いい言葉と言うのは、時代が過ぎても腐ったり錆びついたりしないものですね。












      


  • Posted by メタルゴ at 23:14Comments(0)ことわざ

    2011年12月15日

    47座右め

    今日も寒かったですねぇ。

    そとは寒くても、志は熱く!
    ってことで、本日はこんな一言をご紹介。

    世界を動かさんと欲する者は、まず自ら動くべし。


    ソクラテス



    どんなことも、0×100じゃ0のままなんだよね。

    世界を自分の周りと置き換えるとかわりやすいかも知れません。

    自分が一人前じゃないのは社会とか環境が悪いからだと、他人や環境のせいにするやつだとか、自分の病気を他人とか周囲のせいにする奴は今日の言葉を良く考えてほしいね。

    自分の力が足りないのは自分のせいだし、自分が不当なめに遭っているのは過去の自分に原因があるのだと早く気づけ。
    不満を言っても環境は変わらない。環境を変えたければまず自分が変われと、ソクラテスさんは言っておるわけですな。

    とはいえ、人間は変われることもあるし、変われないこともあるでしょう。
    一つだけいえることは、変われる変われないは「ほんのチョッと」の差なんではないかと思う。

    以前ご紹介した「たった5分長続きする勇気」
    これを達成できるか出来ないかの違いが、気持ちの上での大きな違いになるんじゃないのだろうか。


    ほんのちょっとなんだ。

    ほんのちょっと他人より頑張れば、きっと誰しも幸せになるチャンスが手に入るんだ。

    きっと。









      


  • Posted by メタルゴ at 00:08Comments(0)ことわざ

    2011年12月13日

    46座右め

     
     黙っていても時間は過ぎる。
    あっという間に12月も半ばに差し掛かりましたね。
    毎日毎日、鉄板の上で焼かれているようなメタルゴでございます。
    店のおじさんはホントに嫌なやつですね。
    (たい焼き屋の話ですよ。)

     わたくしめはあいもかわらず平凡な毎日を送っています。
    ま、平凡こそ幸せの象徴だったりすると思ったりもしますが、評価する人によっては「毎日進化していかないと駄目だ」とか思うかもしれません。進化が必ずしも最適な行動とは限りませんけどね。

     進化とか進歩とか、もしそれが技術的なことであったり、物質的な豊かさのみを追い求める行為であったなら、ゼータガンダムではないですけど、地球を人間(一部の)が食い物にしていると映っても仕方ないのかもとか思ってみたり。
     だからと言って、自分はその技術的な豊かさの恩恵にあずかっていないのかと言われると、残念ながら家はあるし暖かい部屋でブログを更新したり、暖かい布団で眠りにつけたり、毎日ご飯を食べれたり・・・。
    もっとも幸福なことは、毎日働くことが出来る健康な体とそれを動かせる会社(仕事)があると言うことでしょうか。
     
     今日の言葉からいったいどんな事を汲み取れるのか、自問自答したいと思います。

     
    充実した一日がしあわせな眠りをもたらすように、
    充実した一生は幸福な死をもたらす。


    レオナルド・ダ・ヴィンチ


     人生は長さを競うものではなく、深さが大切である。別の言い方をすれば、量ではなく質の問題なのだと多くの人が言葉として残しています。人生の終わりはいつ訪れるのか、それは誰にもわかりません。

     だからいつお別れのときがきてもいいように、毎日を送らないといけないのではないでしょうか。
    とはいえ、そうそう実行できることではないですね。
    完璧な一日を送ることなど、おそらく自分には一生かかっても出来ないのだろうと思います。



     それでも自分自身、「これで駄目ならしょうがない」と思える気持ちで最期を迎えられるような毎日を送りたいですね。 

     きっと、気を抜いたときにこそ「自分の最期」ってやつは迎えに来る気がするから・・。









    やり残した事などないようにしたいけど、我慢しなくちゃいけないことも世の中にはありますよね。
    二度と叶わないことなんて、一生に何回も訪れるだろうし・・・。









      


  • Posted by メタルゴ at 23:17Comments(0)ことわざ

    2011年12月12日

    みかん

    久しぶりにお気に入りの蕎麦屋で昼ご飯を食べたら、サービスでミカンがデザートに付いてきた。

    みかんを見ると冬になったなと感じますね。


      


  • Posted by メタルゴ at 13:58Comments(0)食べ物

    2011年12月10日

    45座右め

    今日も寒かったですね。

    朝、出勤途中に道端見たら、陽のあたっていない場所が白っぽくなってましたよ。
    激サムスですね。


    ま、冬なんだから寒いのは当たり前として
    サクッと更新しますか。


    45座右めです。

    志の固き人は幸いなるかな。なんじは苦しむ。
    しかれども長く苦しむことなし。また、誤って苦しむことなし。


    テニスン



    志の固き人か・・・。
    そういえばさっきまで、ワンピース観てましたわ。土曜ワイド劇場だっけ?

    志が固いと言えば
    ルフィとかゾロとか、たくさんいるけど麦わら海賊団はみんな志が固い気がするね。

    ロビン以外はみんな子供なんだけどなぁ。すごい設定だよね。


    漫画だからっていえばそれまでだけど、ワンピースも仮面ライダーもみんな意志が固くて憧れますな。



    とりあえず、2月に向けてジューダスを聴きまくらなければと、意志を固めているところです。













      


  • Posted by メタルゴ at 23:29Comments(0)ことわざ

    2011年12月10日

    44座右め

    またまたちょっとサボっちゃいました、メタルゴです。

    最近は年末特有の忘年会や、普通に仕事で忙しかったりしましてね。
    家に帰ってもメシ食ってひとっ風呂あびたら寝ちまいますね。
    歳かな?


    まぁいいや、みんな等しく年とっていくんだし。20と40じゃ相当違うけど100と120は大して変わらない気がするしな。
    120歳までは生きないだろうけど。(郭海皇は生きてたけど)

    またいつもの脱線が始まったので、さっさと座右を始めるとします。

    今回はコレ。

    決断―なすべきことをなそうと決心せよ。いったん決心したことはかならず実行にうつせ。

    フランクリン


    おっしゃるとおりですね。
    しかして、凡人にはなかなかその「決断・決心」というやつが出来ないものですよね。
    「よね」って、つい問いかける感じになっちゃいましたが、とりあえず自分はなかなか出来ていないのでこうやって気づいたときに自分に言い聞かせるようにしないとね。


    決断が人並みに出来ていれば、もう少し人並みな人生を歩んでいたかも知れませんね。
    あとの祭りですが。


    サボっていた穴埋めとして、今回は昨日久しぶりにスロット打ちまして、そのとき遊んだ5号機の「番長」写真を載せておきます。

    パンダ倒して赤7揃えたりもできました





    なんか良く分からなかったのですが、こんな画面になったときにエライARTのゲーム数が稼げまして・・・









    一撃でいっぱい出たんですけどね、そのあとズルズル呑み込まれまして。最終的には2700枚くらいでした。
    ま、久しぶりにパチ屋にいったんですが、タバコ臭さとあまりの空気の悪さで、やっぱもう自分に適した場所じゃないなと再確認しました。


    しかし今日(9日)は寒かったですね~。




      


  • Posted by メタルゴ at 00:44Comments(0)ことわざ